EN  /  JA
コスモエネルギーホールディングス コスモ石油マーケティング

上野原市の本庁舎および小中学校等22施設へ再生可能エネルギー100%の電力を導入
~山梨県内自治体初、コスモエネルギーグループの風力由来の再エネ電力を導入~

2024年1月16日

コスモ石油マーケティング株式会社

コスモエネルギーホールディングス株式会社

上野原市

 

コスモ石油マーケティング株式会社(代表取締役:森山 幸二、以下「コスモ石油マーケティング」)は、上野原市(市長:村上 信行)へ、上野原市本庁舎および小中学校等22施設に再生可能エネルギー100%の電力(以下「再エネ電力」)を2024年1月1日より供給開始しました。

 

上野原市は、「第4次上野原市地球温暖化対策実行計画」を発表しており、市の事務・事業に伴う温室効果ガスの排出量を2030年度に、基準年度の2010年度比で51%削減することを目標としています。本計画の実現に資する取り組みとして、この度、上野原市の本庁舎や市内全小中学校を含む計22施設にコスモ石油マーケティングの再エネ電力プラン「コスモでんきビジネスグリーン」(※1)を導入しました。

 

今回の導入により、上野原市の22施設で使用する年間使用電力量約425万kWh(※2)が再エネ電力に切り替わります。これにより、約1,940トンのCO2排出を削減できる見込みです。

 

上野原市へ供給する「コスモでんきビジネスグリーン」の電力は、コスモエネルギーグループのコスモエコパワー株式会社(代表取締役社長:野地 雅禎)が発電する風力由来の電力と風力電源に紐づくトラッキング付非化石証書を合わせた再エネ電力100%プランです。この再エネ電力は「RE100 TECHNICAL CRITERIA」(※3)の要件を満たしています。

 

今後も、コスモ石油マーケティングは、自治体や企業の環境負荷軽減を支援し、脱炭素社会の実現に向け、さまざまな取り組みを継続してまいります。

 

<上野原市役所 本庁舎>

 

<上野原市のブランドメッセージ>

上野原市では本件脱炭素社会の実現の他、「まだ、知らないだけ。」をブランドメッセージとして2023年に策定しております。ブランドメッセージに対する取り組みについて詳しくは上野原市ホームページをご覧ください。

 

※1:「コスモでんきビジネスグリーン」について

再生可能エネルギー指定の非化石証書等を使用して環境価値を付加することで、実質的にCO2排出量ゼロを実現するサービスです。お客様の年間合計販売量相当以上の非化石証書等を購入し、電気の販売にあわせて使用することで、使用電力のすべてが実質的に再生可能エネルギー由来の環境価値を持つ電気となります。2020年の販売開始以降、脱炭素化を目指す法人や自治体のお客様を中心に活用いただいております。

URL:https://www.cosmo-denki.com/business/low/green/

 

※2:令和4年度実績の年間使用電力量に基づく

 

※3:「RE100 TECHNICAL CRITERIA」について

RE100に参加する企業が再生可能エネルギー電力調達する際の指針です。近年ではRE100に加盟していない企業や官公庁・自治体でもRE100の要件に適合する電力を優先的に調達しております。

URL:https://www.there100.org/sites/re100/files/2023-02/RE100%20technical%20criteria%20%2B%20appendices%20%28Japanese%29.pdf

 


PDF版

 

以上

【本件に関するお問い合わせ先】

コスモエネルギーホールディングス株式会社

コーポレートコミュニケーション部 広報グループ 蒔田

cosmo_pr@cosmo-oil.co.jp