EN  /  JA

環境マネジメント

コスモエネルギーグループは、「私たちは、地球と人間と社会の調和と共生を図り、無限に広がる未来に向けての持続的発展をめざします。」というグループ理念の実現のために、気候変動対策のほか、自然資本や生物多様性など環境問題についても重要課題と認識しています。また、サステナビリティの基本的な考え方に「地球環境との調和と共生」を掲げ、環境に配慮したエネルギー企業グループをめざしています。そのため、クリーンなエネルギーの利活用や地球環境保全に積極的かつ継続的に取り組むことを企業行動指針に示し、環境と調和した事業活動の推進について環境方針を制定しています。

 

当社グループの環境方針

コスモエネルギーグループの環境管理体制

当社は、代表取締役社長を議長とする「サステナビリティ戦略会議」を設置しており、当戦略会議において、サステナビリティ推進担当役員(専務取締役)の監視の下、サステナビリティ推進部が、長期ビジョンや連結中期経営計画で定められた気候変動対策を始めとする環境施策の進捗状況の管理、課題の洗い出しと対応策の策定等を実施し、当戦略会議に諮っています。気候変動対応等の環境施策の責任をサステナビリティ推進部担当役員(専務取締役)が責任を負い、意思決定の最終責任はサステナビリティ戦略会議の議長(代表取締役社長)が負っています。

 

当戦略会議は、代表取締役社長を議長とし、構成員は、コスモエネルギーホールディングス執行役員、経営企画部長、監査室長、中核事業会社(コスモ石油、コスモ石油マーケティング、コスモエネルギー開発)社長および企画部門長であり、オブザーバーとして、監査等委員である取締役および社外取締役も出席し、客観的な視点を取り入れています。

 

当戦略会議は、年4回以上(2022年度(2022年4月~2023年3月)は、5回開催し、気候変動関連の課題を含む重要な業務や方針に関する事項の審議を行い、グループ全体に大きな影響があると判断された事項ついては、取締役会に付議・報告することで、取締役会の監督が適切に図られる体制としています。

当戦略会議においては、気候変動問題に関する対応方針、計画策定、指標などの審議および決定があり、また、グループ全体の事業活動から生じる環境負荷を最小化させる環境保全活動(リスク低減施策)およびビジネス機会の認識・創出を実施しています。

 

2022年度は気候変動課題に関連する重要事項について、2050年カーボンネットゼロに向けたロードマップの見直しやGHG排出削減目標の実績・評価など、取締役会への報告を5回行いました。さらに、これらの内容はサステナビリティ連絡会において、グループ会社と情報共有することによりグループ会社全体の統制を図っています。

 

当社グループでは、環境負荷の影響が大きい事業所を中心に、各製油所を含む8事業所でISO14001認証を取得しています。内部監査を実施するとともに外部審査も受け、法令遵守はもちろんのこと、大気・水への環境負荷低減への取り組みを実施しているかの確認をしています。

ISO14001認証取得事業所

事業所名 取得年月 更新年月
コスモ石油(株)千葉製油所 1998年3月 2021年3月
コスモ石油(株)四日市製油所 1998年3月 2022年3月
コスモ石油(株)堺製油所 1998年3月 2022年3月
コスモ松山石油(株) 1998年12月 2022年12月
丸善石油化学(株)千葉工場 1999年11月 2020年11月
丸善石油化学(株)四日市工場 2001年12月 2022年12月
コスモ石油ルブリカンツ(株) 下津工場 2003年6月 2020年6月
コスモ石油ルブリカンツ(株) 大阪工場 2003年10月 2021年6月

コスモ石油の千葉製油所、四日市製油所、堺製油所、コスモ松山石油については毎年1回以上、コスモ石油ルブリカンツの下津工場、大阪工場については2年に1回以上、安全環境査察を実施しています。
また、丸善石油化学の千葉工場、四日市工場では、環境及び安全に関する監査を各年1回以上実施しています。

サステナビリティ戦略会議での環境活動報告、実績評価

グループ会社全体の温室効果ガス排出量の削減、環境汚染物質の低減および廃棄物の削減等についてはサステナビリティ戦略会議およびサステナビリティコミッティが、立案・実績報告・評価などを実施し、環境に配慮した活動の取り組みを進めています。

重点項目 テーマ 主な活動施策・
目標
2022年度実績
環境施策の推進 GHG排出量の削減 2022年度に
120万t-CO2の削減
(2013年度比)

55万t-CO2の削減(2013年度比)
(内訳)

製造部門運営効率化等 ▲34万t-CO2

風力発電事業 ▲8万t-CO2

バイオガソリン ▲12万t-CO2

環境汚染物質の低減

水銀灯の計画的廃止

製油所/工場で水銀灯のLED電球化を推進中

PCB廃棄物管理

PCB法定期限までの処分を推進中
資源循環の取組み 産業廃棄物の削減 コスモ石油グループ最終処分率 0.03%(IPP含む)
コスモ石油製油所部門
最終処分率 0.02%
コスモ石油グループ最終処分率0.3%未満
コスモ石油製油所部門最終処分量75t~90t

※この評価には丸善石油化学を含んでいません。

土壌環境モニタリング・対策の徹底

コスモエネルギーグループの各事業所やサービスステーション(以下SS)での事業活動において、土壌汚染の未然防止と、万が一油分が漏洩した場合の迅速かつ適切な対応のため、定期的に土壌調査を実施していますまた必要に応じて、環境影響に応じた土壌浄化、モニタリングを実施しています。
2022年度の土壌調査数は11件、土壌浄化完了数は1件でした。

2022年3月末現在2001年からの累計調査SS数は1,166件(延べ)です。

SSにおける環境管理(EM)調査

環境管理(EM)調査

コスモエネルギーグループのSSでは、油漏洩の未然防止・拡散防止・汚染処理等、環境に深く関係するSS設備や業務等の管理状況を把握するSS環境管理(EM)調査を2005年より実施しております。

調査項目は、漏洩対応(ローリー荷卸時、施設点検)、産業廃棄物管理、設備点検、常備書類管理の4つのカテゴリーで、チェック項目に応じたポイント制(合計100ポイント)となっています。

2022年度は調査員による訪問調査992SS、自己診断1,387SS、合計2,379SSの調査を行いました。

調査員による訪問調査では、目標指標である100ポイント(満点)を取得したSSが92.1%でした。

地下タンク漏洩未然防止

2010年6月の消防法改正により40年以上前に埋められた貯蔵用タンクは改修が義務づけられました。当社が所有するSSについてはすべて対応を完了しています。特約店が所有するSSについては地下タンクの対応期限を把握し、地下タンク漏洩未然防止のため、販売担当者がサポートを行っています。

新設のSSには、油の漏えいを防止する二重殻タンクや、腐食しない樹脂配管など、漏えいリスクの極めて低い機器・設備の導入を進めています。既存SSについてもその特性にあわせ配管材質の更新・強化、電気防食の実施などの設備改善を行っています。

二重殻タンクの地中断面図

二重殻タンク

環境事故件数、環境関連の法規制の遵守状況はESGデータ集:環境事故件数をご覧ください。