EN  /  JA

情報開示/社外からの評価

IR活動への取り組み

株主、投資家の皆様に対して、コスモエネルギーグループ理念やディスクロージャーポリシーに基づき、財務状況や事業戦略を適時、適切に開示することによりコスモエネルギーグループへの理解を深めていただき長期的な信頼関係を築く取り組みを推進しています。

 

当社の情報開示方針については、ホームページ上に「ディスクロージャーポリシー」を公表しています。

 

ディスクロージャーポリシー

 

関連ページ

IR活動内容(2022年度)

アナリスト・機関投資家向けに四半期毎に説明会を実施しています。

 

  • 四半期毎に説明会を実施しています。また、第2四半期決算および通期決算の後に、トップマネジメントによる戦略説明ならびに決算の実績および業績予想の説明・質疑応答を実施しています。 第2四半期決算後・通期決算後の説明会の様子については、動画・音声および説明会資料を説明会と同日にホームページ上に開示しています。
  • 第1四半期決算および第3四半期決算については、経理担当役員による決算の実績および業績予想の説明・質疑応答を実施し、ホームページ上に音声、説明会資料および質疑応答要旨を開示しています。 

 

このほか、個人投資家向けサイトを開設し、株主通信を年2回発行するなど、機関投資家と個人投資家との間に情報格差を生じさせない工夫をしています。

株主通信「C's MAIL」では、毎年株主アンケートを実施しています。2022年度は7,144通ものご回答をいただきました。株主の皆様より頂いた貴重なご意見をIR活動や誌面づくりに活かし、株主の皆様に、正確でわかりやすい情報発信を今後も追求していきます。

 

株主通信

ESGに関する外部評価

当社グループは、企業価値向上に向けて、サステナブル経営に求められるESGへの取り組みを推進しています。当社グループが取り組むESGに関連する活動やESG情報開示が評価され、社会的責任投資やESGインデックスの構成銘柄となっています。

ESG指数の組入れ状況

FTSE4Good Index Series

ロンドン証券取引所の完全子会社であるFTSE Russell社により構築されたESG指数で、環境・社会・ガバナンスについて優れた対応を行っていると評価された企業が選定されています。
当社は2003年から21年連続で構成銘柄に選定されています。

FTSE Blossom Japan Index

FTSE4Good Japan IndexのESG評価スキームを用いて、環境・社会・ガバナンスについて優れた対応を行っていると評価された日本企業が選定されています。本指数は、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)にも採用されており、当社は運用開始された2017年から7年連続で構成銘柄に選定されています。

FTSE Blossom Japan Sector Relative Index

FTSE Russell社により2022年3月より運用開始したFTSE Blossom Japan Sector Relative Indexの構成銘柄にも2年連続で選定されています。これは、各セクターにおいて相対的にESGの対応に優れた日本企業のパフォーマンスを反映するインデックスで、低炭素経済への移行を促進するため、温室効果ガス排出量の多い企業については、改善の取り組みが評価される企業が組み入れられています。

MSCI日本株女性活躍指数(WIN)

MSCI社が開発したESG指数の一つで、時価総額上位700銘柄(MSCIジャパンIMIトップ700指数)構成銘柄の中から、性別多様性に関する開示情報をもとに優れた企業が選定されています。

GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)にも採用されています。

MSCI日本株女性活躍指数 WIN ロゴ

※当社のMSCI指数への組み入れおよびMSCIロゴ、商標、サービスマーク、指数名称の使用は、MSCIまたはその関連会社による当社への後援、保証、販売促進を行うものではありません。MSCI指数の独占所有権はMSCIにあります。MSCI指数名称およびロゴはMSCIまたはその関連会社の商標またはサービスマークです。

 

MSCI日本株女性活躍指数 (WIN)サイト

SOMPOサステナビリティ・インデックス

SOMPOアセットマネジメント社がESG評価と株式価値評価を組み合わせて独自に作成するもので、ESG評価が高い企業に幅広く投資する年金基金・機関投資家向けの「サステナブル運用」に活用されています。
当社は7年連続で選定されています。なお、持株会社体制移行前(コスモ石油株式会社)も含めると、12年連続の選定となります。

S&P/JPXカーボン・エフィシェント指数

S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスと日本取引所グループが共同で開発したもので、東証株価指数(TOPIX)の構成銘柄を対象に、環境情報の開示状況、炭素効率性(売上高当たり炭素排出量)を考慮して、組み入れ比率を決定する指数です。環境情報の開示を積極的に行っている企業や炭素効率性の高い企業のウェイトの引き上げなどで、指数全体として炭素排出量の削減をめざしています。

外部からの評価

CDP

CDPは、投資家、企業、国家、地域、都市が自らの環境影響を管理するための情報開示システムを運営し、環境課題(気候変動、水セキュリティ、森林)に関する改善の働きかけを行う国際的な非政府組織(NGO)です。当社は2010年度から気候変動、2017年度から水セキュリティの質問書に回答し、評価を受けています。


2022年度は、気候変動 A-、サプライヤーエンゲージメント A-、水セキュリティ Bの評価を得ています。

 

CDPサイト

EcoVadis

EcoVadis社は、企業のESG報告(環境、労働と人権、倫理および持続可能な資材調達)を分析したのち、情報共有プラットフォームを通じて評価結果をバイヤー企業に提供しています。当社は同社サステナビリティ調査において、「ブロンズ」評価(上位50%)を獲得しています。

 

EcoVadis  評価ロゴ

EcoVadisサイト

健康経営優良法人2023

当社は経済産業省と日本健康会議が共同で実施する「健康経営優良法人2023(大規模法人部門)」に、2019年から5年連続で認定されています。

健康経営優良法人2023 ロゴ

※健康経営は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です

 

健康経営優良法人認定制度のサイト

プラチナくるみん

育児と仕事の両立推進の取り組みが評価され、コスモエネルギーグループのコスモ石油が、次世代育成支援対策推進法に基づく特例認定(プラチナくるみん認定※)制度におきまして、厚生労働大臣より「プラチナくるみん」企業に石油元売り業界で初めて認定されました。

プラチナくるみん ロゴ

※「プラチナくるみん認定」とは、次世代法に基づき「子育てサポート企業」として既に「くるみん認定」を受けた企業のうち、より高い水準の取り組みを行った企業が認定を受けることのできる特例認定制度です。

 

プラチナくるみんサイト