EN  /  JA

ステークホルダーエンゲージメント

コスモエネルギーグループのステークホルダー

コスモエネルギーグループは、石油・エネルギーの安定供給にかかわる事業展開をしており、幅広いステークホルダーの皆様に支えられています。また、「お客様」「地域社会」「株主・投資家」「取引先」「社員」「産油国」「国際社会」を特にかかわりの深いステークホルダーと考えています。

お客様

お客様の声を聞きながら、サービスレベルの向上や安全の確保など、価値あるサービスの提供に努めています。

地域社会

地域社会を構成する一員として、清掃や地域イベントへの協力など、草の根的な活動を行っています。

株主・投資家

株主通信「C's MAIL」、株主総会召集通知、コスモレポートなどを発行するとともに、タイムリーな情報開示を行っています。

取引先

取引先の立場を尊重し、公正な取引を行い、相互の繁栄を図るとともに、取引先の皆様にも当社グループの企業行動指針を実践することを促しています。

社員

企業活動の基本に人権尊重を据え、働きやすく、自己実現の場として魅力ある職場づくりに努めています。

産油国

原油売買にとどまらず、当社グループの人材や技術を活用し、環境保全や安全管理の技術普及、日本語教育などに取り組んでいます。

国際社会

国際社会全体の持続的な成長に貢献できるよう、地球温暖化防止活動など、さまざまな国際協力活動に力をいれています。

ステークホルダー・エンゲージメント

当社グループは、社会の一員として社会に役立つ事業運営をめざしています。事業活動に関わりのある多様なステークホルダーからの期待や要請に応え、意見を反映するべく、ステークホルダーとの対話を積極的に行っています。
毎年1回以上、コスモエネルギーホールディングス社長と社外有識者の方とのダイアログを実施し、サステナブル経営に活かしています。当社グループの事業活動に反映し、より質の高い取り組みを推進しています。

有識者ダイアログ

コスモエネルギーホールディングスを取り巻くサステナブル経営に関するグローバルな動向について意見交換するため、エネルギー問題や気候変動に関するESGスペシャリストをお招きし、当社社長との対談を行いました。

 

2023年度 Energy Impact Partners ヴァイスプレジデント 黒﨑 美穂氏

対談:カーボンネットゼロの実現に挑む、エネルギー企業のサステナビリティ

 

2022年度 株式会社日本総合研究所 常任理事 足達英一郎氏

対談:脱炭素への取り組みを本格的に実施